Internet Explorer、Tridentエンジン専用検索BOX

[PR]SEO対策テンプレート

2011年02月01日

AH-C710 DENON

DENON ヘッドホン

CIMG0031.JPG

DENONカナル型インナーイヤーヘッドホン
AH-c710

店頭で試聴して低音の厚みが気に入ったので購入
SE315-K-Jの前任機
付いてるイヤーチップは低反発タイプ

CIMG0032.JPG

付属品に結構ごついケースが付いてきます。
中のプラスチックケースが
しっかりホールドしてくれます。
ただし少しでかいです。
上の隙間に入ってるのは
付属の延長ケーブル。
ケーブルは本体も延長も柔らかいです。
しなしなです。

CIMG0035.JPG

こちらはゴム?製のチップ
試聴機の所にいたDENONのセールスの人は
低反発の方が低音の質を発揮出来る
と言ってましたが、
ゴムの方も結構いい音だします。
遮音性敵にはゴムの方がいいかも。
付け心地は低反発の方が断然いいです。

CIMG0049.JPG

標準の装着方法。
ステムが前方斜めを向いているので
無理なく装着出ます。
ただ、
この装着方法だと
コードのタッチノイズが気になります。

CIMG0053.JPG

シュアー掛け。
これならタッチノイズは気になりません。
が、
低反発なら装着感問題ないのですが
ゴム製だと本体が耳に押しつけられるのか
1時間くらいで痛くなります。
自分の場合。

音は
イメージ的に△
量の多い低音から高音にかけて
細く鋭い音になっていく感じ。
高音は金属的な音?
何処かのレビューに

やたらと高音が出て耳に痛い!

と言うのを見たことがありますが、
自分的にはそんな感じはしませんでした。
ただ、
アコギの弦をスライドさせたときの
軋み音?(ちょーキングでは無く)
が、耳に刺さるときがたまにあります。
曲によってですね。
低音はどちらかというと緩め。
輪郭がぼやけたりすることは無いです。
ポータブルとして使うには
このくらい低音の量があった方が
外の音にかき消されなくてすみます。

音の広さはカナル型にしては
広い方だと思います。
SE315-K-Jよりは格段に広いです。

室内で据え置きのアンプなど通すと
ちょっと低音酔いするかも。
中、高音に被さるようなことは無いです。

一言で言うと
わかりやすく、良い音のドンシャリ。

値段的にも使い勝手的にもかなりオススメ。


ラベル:AH-C710 DENON カナル
posted by magami at 22:13| 東京 ☀| オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。